こんにちは、ユーラシアです!

実は、会社員をやめてから日本一周しようかと思っていました。

しかし幸いに仕事が続いているので(ネット環境があればできないことはないので旅できなくもないですが)、趣旨を変え、国立博物館を全制覇してきました。

もともとどうやら私は、美術館や博物館が好きなようです。

特に好きなのは美術館ですね。

絵画は見ていて飽きませんし、時々鳥肌が立つような感動を味わえるものに出会えることがあるので、定期的に足を運んでいます。

さて、本題。

日本にある国立博物館は、4つ。

東京・九州・京都・奈良に存在します。

少ないな~と思われましたか?

しかしいざ制覇しようとすると物理的距離もあれば、収蔵数も半端ないので結構見ごたえありますよ!オススメです。

以下それぞれのポイントを記述しておきます。

~東京国立博物館~

・収蔵数が半端ない

・国宝もたくさんあるので、1年を通して何回も行ける

・メインとなる本館のほかに、東洋館や法隆寺宝物館などたくさんの建物がそんざいするので、マップで攻略が必須

・とにかく広くて見ごたえがある。歩きやすい服装がベスト。

私は東京国立博物館のヘビーユーザーです。もっと近ければ毎日でも通いたいですね。それくらい飽きません。貴重な資料の収蔵数が莫大なので、ちょくちょく展示物が変わります。その変化を見つけるのも楽しい。年パスを手に入れると入るも出るも自由なので、庭園を散歩感覚でのんびり散策するのもオススメです。

日本が誇る国立博物館のなかで、1つだけ行くとしたらココをオススメします。

~九州国立博物館~

・国立博物館のなかで一番個性的!面白い!

・九州という地域の歴史まで系統だって感じさせる展示物が多く、地元の人も熱心に勉強している印象がある

・建物が近代的でわかりやすい

・ダンジョンのようにいるだけで楽しい空間。

福岡県にある九州国立博物館は、4つのなかで一番近代的であり、地元密着の熱意を感じる博物館です。本館メインなので、構造もわかりやすく案内も丁寧。見晴らしもいいのでいるだけで開放的な気分が味わえます。こちらの博物館は展示の仕方も個性的で遊び心に溢れています。九州という地域全体の特性を知る意味でも、家族で訪れることがおすすめできある博物館です。

福岡県インさえできればアクセスもとてもわかりやすいですよ。

~京都国立博物館~

・建物全体が非常に美しい

・観光客も多いので、国内外の人を案内できる体制が整っている

・企画的メイン。その時々何が展示されているか要注意。

・噴水も完備してあるので、建物内だけでなく外も楽しめる

千年以上の歴史を有する都市・京都に堂々と存在している京都国立博物館。アクセスもわかりやすく、敷地面積も広いです。企画展がメインの構造になっているので、常設展目的というよりそれぞれの企画展のラインナップに興味を引かれるかがポイント。京都は常に観光客が多いですが、国立博物館はわりと混みすぎず(企画展内容によりますが)、ゆったりと散策できます。休憩できる場所も多いので、観光に疲れた時の癒しポイントとしておくこともオススメです。

とにかく庭園が素敵です。ゆったり過ごしたいですね。

~奈良国立博物館~

・もともと明治期に作られた本館は今は「なら仏像館」という名称になっている

・東西の新館は企画展メイン(閉まっている時期もある)。なら仏像館ともなかで繋がっている

・青銅器館がこっそり存在するので見落とさないように注意

・敷地内に鹿がいる

法隆寺宝物展で有名な奈良国立博物館。もともとの本館は現在は名称をかえていますので注意。奈良県らしく仏像が豊富。また、なら仏像館とつながって日本有数・世界屈指の青銅器コレクションを展示した青銅器館がこっそり存在します。回廊でつながっているのですが、目立たなのので見落とさないように注意しましょう。独特の落ち着いたゆったりした時間が流れています。案内の人も過剰すぎず、不足もなく、大人の博物館と言った印象です。法隆寺宝物展は非常に人気があるので、人ごみが苦手な人は東京国立博物館の法隆寺宝物館からスタートするのもオススメです。

奈良県には独特の古代のようにゆったりした時間が流れています。東大寺などもほど近く、ご年配の方にもオススメできます。

 

以上、私感ポイントでした。私の一押しは、この中でももっとも規模が大きい東京国立博物館です。しかし、それぞれの良さがあります。

4つなら制覇もしやすい。興味を持った方は行ってみるのもオススメですよ~!

スポンサーリンク

 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。