仙台旅行してきましたユーラシアです。

今のところ自由に生きるのに必要な分しかまだ稼いでいないのでミニマム旅行です。お金を極力使わないようにするのもまた楽しい。まさに若い時しかできない旅行です。

基本的に私、1人旅が好きです。

友人はいますが、一緒に旅行行きたいとはあんまり思わない(まぁ、そんなに社交的でないので、友人も多くはないです。ぼっち属性ですが)

そこで不思議なのが、どうして日本人は2人以上のグループで旅行するのか、ですね。

どこいってもカップル、夫婦、友人同士などなどみんなグループです。

島国であり基本的に集団で行動することを良しとする日本人ならではの特性だとは思いますが、それにしれも奇妙です。

だって、外国人さんはどうどうと1人で行動している人多いですから。

おそらく異国の地である日本に旅に来て、博物館とか堂々と楽しく回っている。

グループはグループで楽しいです。それもよし。

でも1人旅もできてかつグループでの旅行もできるという方が楽しいのではないかなぁと思います。

常に誰かと一緒でないと旅行もできないというのはちょっと寂しいですね。

私は今のところ1人旅が好きなので、誰かと一緒には行かないと思います。

また、海外1人旅したいです。

世界一周を狙っているので、近いうちにいけるようにします。

近いがいつになるかは私次第なので、日々淡々と必要なことをこなしていきます。

振り返ってみると、とくに人付き合い得意でもないおそらく人間として行きにくい私がよく生きてこれたと思います。

どうやらアダルトチルドレンというくくりに当てはまりますし、そのことで一時は死ぬほど辛かったこともあります。そのおかげで得てきたものもあるので一概にはなんとも言えませんが。

これは極端な例ですが、私、9歳で死ぬんだと思っていた時期がありまして。

だから、未だに生きていて、好きなことできて、好きな文章でお金もらえる仕事できて、パリ旅行にも行けて、一生のうちで一度は見たかったモナリザも見れて、他にもロシア旅行とか、東北制覇とか、福岡旅とか、とにかくやりたいこと全部できたこと。すごく感謝してます。

未だに好きなことして生きていられていることにも感謝です。

出来る範囲から社会貢献もして返していっています。

もっと社会を回しましょう。

私は子どもは幸せであるのが当然だと思っています。

世界中の子どもが幸せで楽しくいられる社会にもっとしていけるように、できることから生きている間少しづつでもしていきます。

大きく言うと、私が生きていることは世界にとって良いことであるように。

出来る範囲から少しづつでも、日々行っていけば良いのです。

1人が好きな人は、堂々と1人でいいのです。

世界中すべての人と知り合いになれませんから、縁が出来た人との縁は大切にしていきます。

スポンサーリンク

 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

  • 辞めると隔たりはできる…辞めると隔たりはできる… 本日も、スローライフ満喫中のユーラシアです。 余裕はまだ少ないですが、普通に生活するくらいはできるようになってきました。次は余裕を生むことですね。のんびりサクッとや […]
  • 朝1時間の大切さ朝1時間の大切さ こんにちわ。一番好きな作家は不動で夏目漱石なユーラシアです。 実は昨日が量のある仕事の締切だったので気が気でなかったですが無事に乗り切れました。良かったです。 […]
  • ぼくは麻理のなかキャストとあらすじは?放送局はどこ?ぼくは麻理のなかキャストとあらすじは?放送局はどこ? 『悪の華』や『漂流ネットカフェ』などの独特の世界観で鬼才と称させる押見修造先生のマンガがドラマ化されました! その名も、『ぼくは麻理のなか』。 タイトルからして期待が高まりま […]
  • 中島知子の現在は?2017仕事は何?洗脳は嘘でオセロ復活?中島知子の現在は?2017仕事は何?洗脳は嘘でオセロ復活? 元オセロの中島知子さん。洗脳騒動が起こり、一気に業界から姿を消したと思われていましたが、実際はどうなのでしょうか? 気になることを調べてみました。 スポンサーリンク
    […]
  • ぼくは麻里のなか原作の最終回の結末は?ネタバレ!ぼくは麻里のなか原作の最終回の結末は?ネタバレ! 話題の新ドラマ『ぼくは麻里のなか』。   気になるのは同名マンガの結末でしょう。 こっそりひっそり読んできました。感想と合わせてネタバレでご紹介します。 知りた […]
  • 鈴木砂羽の舞台トラブルの理由は?鳳恵弥に土下座強要?鈴木砂羽の舞台トラブルの理由は?鳳恵弥に土下座強要? 女優の鈴木砂羽さんが初演出するはずの舞台でトラブルがでたようです。 気になる理由などを検証してみました。 スポンサーリンク
    鈴木砂羽の舞台トラブルの理由は? 鈴木砂羽さ […]