私は考えすぎる性分で

親の期待に応えるように生きてきました。

ところが、高校の時に爆発し

その生き方を拒絶しました。

ずっと「レールを外れたら生きていけない」と

呪いのように言い含められていましたが

いざ外れてみてもなんだかんだ生きていられるものです。

むしろレールの横にはもっと豊かな

多種多様な人生があると知りました。

若いうちに経験出来て良かったと思います。

もちろん安全とか安心を考えて

レールに乗って生きていくのも一つの人生です。

それは親の愛情でもあり

彼らはそれしか生きる術を知らなかったのでしょう。

ただ、もう外れてしまいましたし

私は私の人生を切り開いていくしかありません。

今の苦境や逆境の苦しさも

一つのバネにしていきます。

そうして私は笑って振り返られる

堂々とした人生を歩んでいきます。

レールから外れても大丈夫です。

道はあります。

モデルも味方もいます。

参考にしながらあなたはあなたの道を生きていけばいいでしょう。

私は堂々と私の人生を貫きます。

他人がどう言おうと

私の人生は最高です。

いろいろあるけど全部ひっくるめて最高です。

特に親戚や親ほど表面しかみませんから

この世知辛い日本で一番気にしなくてよいでしょう。

成功しちゃえばコロっと態度変えてきますから。

ユニークな私の人生。

堂々と颯爽と生き抜いてみましょう。

怖くなったら立ち止まってもいい。

結局なんとかしてきたのだから

今度も大丈夫です。

他人の目を気にしすぎな人ほど

タイトルの言葉を武器に

堂々としれていればいいです。

大きな飛躍をする人ほど

残念ながら最初は周囲の無理解が

あるものですから。

もう他人の目を気にしなくていい。

もう人と同じ生き方をしなくてよい。

スポンサーリンク

 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。