女優の鈴木砂羽さんが初演出するはずの舞台でトラブルがでたようです。

気になる理由などを検証してみました。

スポンサーリンク

鈴木砂羽の舞台トラブルの理由は?

鈴木砂羽さんが初演出することで話題の舞台『結婚の条件』

 

しかし、初演直前になって、主要キャストだった女優の鳳恵弥(おおとり・えみ)さんと牧野美千子さん(52)が、急きょ降板を発表しました。

極めて異例ですね。

 

2人の所属事務所からは、『演出の鈴木さんによる「人道にもとる数々の行為」が原因』と説明されていますが、人道にもとる数々の行為とはなんだったのでしょう?

スポンサーリンク

鈴木砂羽が鳳恵弥に土下座強要?

 

“数々の行為”の内の一つが土下座だったのではないかと言われています。

 

ただし、これに関しては証言が食い違っています。

取材に応じた舞台関係者の一人という方は

「すっかり不機嫌になった砂羽さんに対し、(中略)本来なら江頭さんは謝らなくてもいいはずですが、どういうわけかアッサリ謝罪してしまって、牧野さんも頭を下げ、鳳さんは涙を浮かべながら床に頭をつけていました」

引用:https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12136-414755/

というエピソードを披露しています。

本当だったら、酷いですよね。

 

しかし、脚本家の江頭美智留さんは土下座をしたという事実を否定しています。

江藤さんは、

「牧野さん、鳳さん、砂羽さんには大変不愉快な思いをさせて申し訳ないと思っている」

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170912-00000013-jct-ent&p=1

とも語っているのです。

 

なんだか本来の脚本家の仕事だけでなく双方の板挟みになっているように見えます。

 

舞台の稽古は、とても厳しいものだと言われています。

経歴を調べてみた所、鈴木砂羽さんよりも鳳恵弥さんの方が舞台経験が豊富です。

 

鳳恵弥さんに関して管理人は知らなかったのですが(ごめんなさい><)、舞台で主演を務めた経験も多いようです。

 

事実関係は当事者によく確認することが必要ですが、舞台経験豊かな鳳恵弥さんが、いきなり降板するという思い切った選択をしたところを見ると、鈴木砂羽さんが不慣れすぎてやり方を間違ってしまった可能性もあるのかなと思えてきます。

 

舞台が好きで演出や役を引き受けたと思いますので、双方の納得のいく解決策が見つかると良いですね。

スポンサーリンク

 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。