女優・満島ひかりさんが歌う「ラビリンス」が注目を集めています!

2017年6月16日にはMステに登場します!わずか3日で100万再生を突破した「ラビリンス」はPVも凄い!

 

今回は、 満島ひかりのラビリンスPVが変?撮影場所やロケ地の店はどこ?などをまとめてみました。

スポンサーリンク

 満島ひかりのラビリンスPVが変?

不思議な曲ですね~^^

 

満島ひかりさんのどこかアンバランスな目を離せなくなるような動き、そして異空間のような不可思議ででもどこか懐かしさがあるような空間の映像に引き込まれます

 

変というより、凄い!という印象でしょうか。

 

こういう不可思議な曲、大好きです!!

 

満島ひかりさんが歌がうまいことはドラマ『カルテット』のエンディングでも明らかでしたが、同時に演技力も抜群です。

 

この曲、ライブでもみたいですが、PVも凄く素敵です。

 

良い意味で中毒がありそうですね^^

 

歌詞がわかりやすい動画も貼っておきます↓

撮影場所やロケ地の店はどこ?

スポンサーリンク

ロケ地が外国であることはPVの看板などからわかります。

 

公式には香港とだけ公表されているのみですが、映像を見てみると香港の超巨大団地の「クオーリーベイ(鰂魚涌)」であると思われます

かつて存在した巨大なスラム街「九龍城」を思わせる怪しい魅力がある建物群です。

しかし意外や意外、ここは普通の生活空間であり、お店も立ち並んでいます。

 

不思議な印象を受けるのは、見上げるほどの密集した巨大な集合住宅マンションです。

こちらは、鰂魚涌クオーリーベイに普通に位置しています。

 

この近代的でありながら、どこか異次元めいた空間に惹かれた人は多く、映画「トランスフォーマー/ロストエイジ」のロケ地にもなっています

 

個人的に、昼よりも夜景の方が綺麗だと思うので、満島ひかりさんのPVは最高の映像美ですね!

満島ひかりさんのPVはではひとつづきの場所のようになっていますが、おそらく魅力的な場所をつなぎ合わせているようです。

 

最初が鰂魚涌 、次に南京街の佐敦・廟街(ココらへんが普通のお店っぽいので、余計に迷宮感が増している気がします)、他にも北河街の深水埗・・・。

 

コサージュのように様々な場所が組み合わさることで、他にはない独特の空間を作り上げているところが凄いです。

 

違和感を感じないのは、カメラワークなどの工夫もあるでしょうが、やはり満島ひかりさんの類まれな表現力がダンスの形で表れ、かつ美声の歌が全体を調和しているからでしょう。

 

香港に行きたくなってきますね!

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。