滝沢秀明さんと言えば誰もが知っているジャニーズ屈指のスターですよね。

 

実はジャニーズで長く活躍している分、他のジャニーズメンバーとの意外なつながりもあるようです。

今回は、滝沢秀明は山ピー(山下智久)をお世話してた?横山裕とは因縁?などについてまとめてみました。

スポンサーリンク

滝沢秀明は山ピー(山下智久)をお世話してた?

ジャニーズ事務所って、有名ですが、意外と細かいルールなど一般の人からすると知らないことが多いですよね。

 

滝沢秀明さん自身がジャニーズ事務所のルールなどについて語ってくれる貴重な機会がありました。

 

曰く、Jr時代は、年齢の高い子が年齢の低い子の面倒を見るルールがあるそうです。

 

今はスターの滝沢秀明さんにも幼少期はあり、Jr時代に面倒を見ていたのが、山Pこと山下智久さんだそうです。

 

意外!と思いきや、二人が仲が良いことは以前から有名でした。

 

滝沢さんは1982年生まれで入所は1995年。

山下さんは1985年生まれで入所は1996年(当時小学校6年生)

 

先輩の滝沢秀明さんは、山下さんの面倒を積極的に見る役割を持っていたらしく、アイドルとしての振舞い方はもとより、靴下の洗い方など細かい点まで教えてあげていたそうです。

 

山下智久さんの愛称である山Pを作ったのも滝沢秀明さんだと言います。

 

ある日、本来ピンクの衣装を着なけらばいけない場面で、青い衣装を着てしまっていた山下智久さん。

滝沢さんが慌てて「山下ピンク!」と言ったことから「山P」というニックネームが生まれたそうです。

 

気にかけていたことがわかりますね^^

山Pファンにとっても、タッキーファンにとっても印象深い出来事だったでしょう。

 

当時の様子を思い描くと微笑ましいと同時に、凄い光景だったのだなと不思議な気持ちがわきあがりますね^^

滝沢秀明は横山裕とは因縁あり?

スポンサーリンク

実はJr時代から他のJrメンバーのオーディションに参加することもあったという滝沢秀明さん。

 

関ジャニ∞の横山裕さんのジャニーズ入所オーディションの現場にもいたそうです。

横山裕さんも当時のことを覚えているといいます。

 

ただし、滝沢秀明さんは横山裕を不採用と判定していたとか。他の審査員の評価がよかったので無事にジャニーズに入れた横山裕さんですが、悔しい思いもあったでしょう。

 

入所当時はそこら辺の事情を知らず、純粋に滝沢秀明さんのかっこよさに憧れていたようです(笑)

 

ただ、同い年のタッキーがCMなどで活躍しているのに対して自分はないことで「ずるいな」という思いを抱くなど、幼い少年らしい感情を抱いていたこともあったとか。

 

今はどちらも立派な芸能人となっていますから、もう笑って話せるくらい、横山裕さんにとっても吹っ切れた出来事のようですね^^

 

ちなみに、オーディションでスター性を見抜くというのは難しいようで、ジャニー喜多川社長はその慧眼が特に優れていると滝沢秀明さんは言います。

 

滝沢秀明さん自身は「なんでこいつが?」と思うような子がスターになっていった実例としてキスマイの藤ヶ谷さんの名前をあげていました。

アイドルをして「化ける」と言わせるような変化があるのですね^^

 

なんとなく芸能人になる人は子どものころからオーラがあるのかと思っていましたが、違うようです。

 

その変化を見極めるのは大人でも至難の技でしょう。

 

でも、現在の滝沢秀明さんなら、案外オーディションでも的確に見抜きそうな気がします^^

これからもタッキーの活躍が楽しみですね。

スポンサーリンク

 

 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。