『貴族探偵』において、高岡早紀さんに相葉雅紀さんがバックハグしたことが話題になっています!

 

また、この回では花冠を編む珍しい御前様も確認できました。果たしてその意味とは?調べてみました。

スポンサーリンク

高岡早紀に相葉雅紀がバックハグ!?

カッコイイですね!!

 

こちらのシーンは、貴族探偵第9話に登場しました。

 

高岡早紀さん演じる元女優の本宮真知子を諭すような場面です。

 

動画で見てみましょう。

https://twitter.com/kiyo_06020711/status/874248246360551427

美しいですね^^

 

ちなみに

相葉雅紀さんの身長は176cm

高岡早紀さんの身長は163cm

 

理想的な身長差だったのではないでしょうか。

 

相葉雅紀さんと言えば、かつて吉瀬美智子さんから受け身のキスをされるという貴重なシーンを演じたことも有名ですね!

女優との貴重なシーンが多い相葉雅紀さん。

ご本人に魅力があればこそ、このようなシーンにさらに華が添えられるのかもしれませんね。

花冠に込められた意味とは?

スポンサーリンク

第9話は花冠も印象的でした。

 

伏線を見事に回収する貴族探偵だからこそ、この花冠にも意味が込められていると推測できます。

 

もしシロツメクサだったら、花言葉は「私のものになって」でもそれを破ると「復讐」となります。

怖いですね^^;

 

しか~し!!

 

実は、この花冠、シロツメクサではなくストロベリーフィールドの可能性が高いです。

ストロベリーフィールドの場合、花言葉は変わります。

他にも「変わらない愛情を永遠に」などの花言葉があるロマンチックな花です。

 

ただ、これがドラマのディテールなのか、映像上の配慮なのかは定かではありません。

 

実際に道端のシロツメクサで花冠を作ったことがある人はわかると思いますが、意外と花びらの間に空きがあって、実際に作ると白というより緑色がやや目立つ花冠となります。

その点、ストロベリーフィールドは綺麗な白い色が出せます。

映像上綺麗に見せるためにストロベリーフィールドを採用した可能性もありますが、もし、花言葉に伏線があるのだとしたら、ますます御前様の真意が意味深に感じられますね。

 

愛香は、きっと謎を究明せずにはいられないから……。

 

御前様と愛香の今後にも、大注目です!!

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。