近年、日本でも毎年の恒例行事として大盛り上がりを見せているハロウィン。
仮装を楽しむほどではないけれど、ハロウィン限定のお菓子に舌鼓を打つという人は多いはず。
今回はそんなハロウィンの豆知識をご紹介していきます。

■ハロウィンとは

ハロウィンは10月31日に行なわれる収穫祭です。
日本では、悪霊を追い払う日と認識されていますが、農作物の豊作を祝うという意味もあります。
かぼちゃをくりぬいて、中にロウソクを入れたジャック・オー・ランタンがハロウィンを象徴するアイテムで、10月31日が近づいてくると、かぼちゃスイーツやジャック・オー・ランタンの形をしたお菓子ボックスが店頭に並び始めます。

■ハロウィンの由来

あまり知られていませんが、実はハロウィンはキリスト教のイベントではありません。
2000年以上前の時代に、ドゥルイド教というケルト民族の宗教があり、その宗教の中で行なわれていたサウィン祭というお祭りが起源であると言われています。
ドゥルイド教では日本のお盆と同じで、10月31日になると先祖の霊が家族に合いに来ると信じられていました。
その時に悪霊も一緒についてきてしまう、といわれていて、悪霊の目をごまかすために仮面を被ったり、焚き火をしていたそうです。
これが現代のハロウィンの仮装やジャック・オー・ランタンにつながっているというわけですね。

■海外のハロウィン

海外のハロウィンでは、子どもたちがお化けの姿の仮装をして、お菓子をねだります。
その時に言う言葉が「Trick or treat!」です。
「お菓子を渡すか、いたずらされるか選びなさい」という意味なのですが、日本語では「お菓子をくれなきゃいたずらするぞ!」と脅し文句のような訳され方をしていますね。
ちなみに海外の大人たちはハロウィンの日には、ほとんどの人がお菓子を持ち歩いているため、いたずらをされることはあまりないようです。

■日本のハロウィンイベント

近頃は日本でも、ハロウィンイベントが盛んに行なわれるようになりました。
街中で仮装をしている人も多く、ハロウィンコスチュームで来店したお客さんには特別なサービスを行なっている店もあるようです。
仮装パレードに参加できる地域もあるので、ハロウィンを楽しみたい人は一度、参加してみてはいかがでしょうか?

■まとめ

日本にもようやくやってきたハロウィン旋風。
すっかり定着しつつあるので、仮装して街中を歩いていても変な目で見られることはありません。
周りの迷惑にならない程度に羽目を外して、存分にハロウィンを楽しんでくださいね。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。