子どもの健やかな成長を願う七五三。
美しい着物を着て、神社にお参りをする・・・実はそれだけじゃないんです。
今回は七五三の意味や由来だけでなく、千歳飴など七五三に欠かせないアイテムについてもご紹介していきます。

■七五三とは

七五三は3歳、5歳、7歳の子どもをつれて、神社にお参りをする伝統行事です。
室町時代から続く行事で、江戸時代に広く民衆にも知れ渡りました。
七五三が民衆に知られるようになったのは、徳川家光の子供・徳松の健康祈願を11月15日に行なったためです。
祈願を終えた後、徳松はすくすくと成長し、次代の将軍を担うまでになりました。
このことから、現代の七五三も11月15日に制定されています。

■男女で違う七五三

七五三はすべての年にお祝いをするわけではありません。
男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳に、それぞれの意味に沿ったお祝いをします。

3歳は男女ともに髪を伸ばし始めるお祝い。
5歳は男の子が袴を着始めるお祝い。
7歳は女の子が着物の帯をつけ始めるお祝い。

昔は子どもの死亡率が高かったため、2年という短い周期で細かくお祝いを行なっていました。
それぞれ意味は違えども、成長を祝うということに違いはありません。

■七五三の定番アイテム・千歳飴

七五三といえば千歳飴が定番のアイテムです。
千歳飴には、2つの由来があるといわれています。
1つめは浅草の飴売りが長い棒状の飴を「千年飴」と称して売っていたからというもの。
紅白の柄と長い飴という珍しさから縁起物として七五三に用いられるようになったという理由です。
もう一つは大阪の商人が江戸に出てきて、同じような棒状の飴を売り始めたというもの。
どちらにせよ、七五三のために作られた飴ではないようですね。

ちなみに、千歳飴は折って食べても良い食べ物です。
縁起物だから折るなんてとんでもない!と考えている人もいますが、折って細かく分けた千歳飴を配ることで、周囲の人々と縁起を分かち合うことができます。
家族だけでなく、近所の人にも振舞って、みんなで子どもの成長をお祝いしましょう。

■まとめ

七五三は、室町時代から日本に受け継がれてきた行事です。
昔は子どもの死亡率が高かったため、無事に七五三を迎えることができた家族の喜びもひとしおだったでしょう。
今でも、子どもの健やかな成長を願う親の心は変わりません。
11月15日には、しっかりと晴れ着を用意して、お子さんの七五三を祝ってあげてくださいね。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。