福を招いてくれる上に見た目もかわいい招き猫は、はるか昔から人気を集めている置物です。
でも、どうして招き「猫」なのでしょうか?
今回は招き猫の日だけでなく、招き猫の意味や由来についても、ご紹介していきます。

■招き猫の日とは

招き猫の日は9月29日です。
どうして9月29日に定められたのかというと、くる(9)ふ(2)く(9)で来る福という語呂合わせになるからです。
制定したのは、日本招き猫倶楽部と愛知県瀬戸観光協会。
愛知県瀬戸市には招き猫ミュージアムという施設があり、招き猫の歴史を学ぶことができるんです。
9月29日には、街全体が招き猫一色になる、招き猫まつりも開催されます。
招き猫と関係が深い地域なんですね。

■招き猫の起源

招き猫は、どうして猫なのでしょうか?
犬や虎、竜など干支にも含まれる動物のほうが縁起が良い気もしますが・・・。
実は招き猫の起源には、いくつかの説があります。
その中でもっとも「なるほど」と納得したのが、「猫はネズミを駆除してくれるから」という説です。
昔の商人にとって、ネズミは商売の大敵でした。穀物や反物を齧ってダメにしてしまうからです。
だから商人の家には、よく猫が飼われていたんですね。
財を守って増やしてくれる猫を商売繁盛の象徴にした、というのは理にかなっていた理由ではないでしょうか。

■招き猫の手は左右で意味が違う

招き猫の置物には、右手で招いているものと左手で招いているものがあります。
それぞれに意味があり、ご利益も異なるのが招き猫の特徴です。
左手を持ち上げている招き猫は人を招きます。お客さんをたくさん呼んでくれるということですね。
右手を持ち上げている招き猫は金運を招きます。こちらは一般家庭でも置いておきたい置物です。
ちなみに両手を挙げている招き猫は、ほとんど見かけることがありません。
これは両手を挙げるとバンザイをしている形になってしまい、もう何もやれることがない・お手上げ状態を意味してしまうためです。

■金運なら黄色い招き猫

昔は招き猫といえば三毛猫でしたが、近年はカラフルに塗装されています。
特に金運に良いとされているのが、黄色い招き猫です。
他にも赤(健康)や黒(厄除け)、ピンク(恋愛)、青(交通安全・学力向上)などの招き猫があり、それぞれに異なったご利益があります。

■まとめ

さまざまなご利益を招いてくれる招き猫。
見た目の愛らしさもあって、長きに渡って人々に愛されている置物です。
招き猫の日には、日ごとから頑張って福を招いてくれている招き猫の頭を撫でてあげてくださいね。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。