■女の子の成長を祝う日・ひなまつり

3月3日はひなまつり。女の子の成長を祝う日です。
雛人形や桃の花を飾って、色鮮やかな料理を食べる…でも、ひなまつりって、本当にそれだけの行事なのでしょうか?
ここでは、ひなまつりの由来や料理の意味などをご紹介していきます。

■ひなまつりの由来と雛人形の役割

実は、ひなまつりの最初の始まりは日本ではありません。
ひなまつりは「桃の節句」とも呼ばれますが、この「節句」という文化は中国から伝わってきたものです。
中国には、五節句と呼ばれる5つの節句があり、そのうちのひとつである「上巳(じょうし)の節句」が、ひなまつりの原点とされています。

しかし日本と中国のひなまつりは、今となってはまったくの別物です。
中国で行なわれていた上巳の日の習慣は、「川で身を清める」というもの。
この習慣が平安時代に日本へ伝わり、日本でも行なわれるようになりました。
その後、人間の代わりに人形を川へ流して、厄を祓う「流し雛」という文化が始まり、日本独自のひなまつり文化が形成されていったのです。

ちなみに、平安時代のひなまつりは女の子だけの行事ではありませんでした。
ひなまつりが女の子の行事となったのは、貴族の娘たちが遊んでいた人形を流し雛に用いたためです。
この人形が徐々に美しいものへと変わっていき、現代ではひな壇に飾るものとされています。

■桃の花を飾るのはなぜ?

桃の花には厄除けの力があると言われています。
実際に、桃の葉自体にも肌荒れを治す効果があり、人々は古来からその力を活用してきました。
また、桃の花が咲く季節と、ひなまつりのシーズンが重なっているというのも、大きな理由と考えられます。

■ひなまつりの代表的な料理と意味

ひなまつりの代表的な料理といえば、ちらし寿司・はまぐりのお吸い物・菱餅です。
さっそく、それぞれの料理の意味を見ていきましょう。

・ちらし寿司

ちらし寿司には縁起の良い食材がたくさん入っています。

海老=腰が曲がるまで生きられる
錦糸卵=金や錦など高級なもの
れんこん=将来の見通しがよくなる

女の子が幸せな人生を歩めるように、という願いがこめられた料理です。
また、彩りが鮮やかで、祝いの席にふさわしいというのも、ちらし寿司が振舞われる理由です。

・はまぐりのお吸い物

はまぐりのお吸い物には、女の子が幸せな結婚生活を送れますように、という願いがこめられています。
はまぐりの貝殻は、同じ貝の殻でなければ、ぴたりと合わせることができません。

・菱餅

菱餅は赤(ピンク)、白、緑の餅が重なった餅です。
赤は桃の花をあらわしていて、厄払いの意味があります。
白は春の雪と女性の清純さをあらわします。
緑は春に芽吹く若草です。生命力を表現しています。

■まとめ

華やかで可愛いお菓子なども販売されていることから、近年ではお祭りのようになっているひなまつり。
しかし、本来の意味は「厄払い」です。
女の子が幸せな人生を歩めるように、願いをこめて祝ってあげましょう。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。