相葉雅紀さん主演のドラマ『貴族探偵』の中でもひときわ輝いているように見える井川遥さん。

 

憧れの大人女子として非常に高い人気を誇っている井川遥さんですが、なんと、貴族探偵では既に亡くなっているのに幽霊として出演しているという異色の設定があるようです。本当でしょうか?人気の髪型の情報を合わせてまとめてみました。

スポンサーリンク

貴族探偵の井川遥は死んでる?本当は幽霊?

公式でしっかり書いてありますね^^;

 

そうです、1話でも登場したヒロイン武井咲さんの師匠である井川遥さん演じる喜多見切子は既に亡くなっています。

 

原作でそのような設定なのかと思いきや、原作を確認してみると、この井川遥さんが演じている喜多見という役柄は、ドラマ版で原作と大きく設定が変えられていることがわかるのです。

 

まず、性別が違う。原作では男性です。次に死因も違います。原作では「ガン」で亡くなったことが明記されており、少なくとも死因に貴族探偵は関わっていないことがわかります。しかし、ドラマ版では「謎の死」となっており、まるで死因に貴族探偵が関わっているかのような意味深な設定に変えられています。

 

喜多見切子が貴族探偵と「推理対決をして敗れた」という設定も、ドラマオリジナルです。原作では、貴族探偵との直接の関わりはないキャラクターとして描かれています。

 

だいぶ様変わりした喜多見切子という人物。ここまで来ると、原作とは違うキャラクターと考えたほうがよいでしょう。

 

では、どうして作中に井川遥さんが登場するのか?考えられるのは、武井咲さん演じている高徳愛香の妄想、もしくは幽霊という可能性です。

貴族探偵で心霊現象?いずな様とは?井川遥と関係あり?【動画】

妄想にしては、随分キャラが立ってますよね~^^;愛香が妄想しているにしては自由過ぎる気がします。(それにしても変顔してもキレイですね~)

 

ハッキリ明記されていませんし、まだドラマ内での登場回数が少ないので定かではありませんが、個人的には幽霊だと思います。

 

理由は2つ。ドラマ内での描かれ方と、エンディングの注意書きがあるからです。

 

ドラマ内では、それほど亡くなっていることを強調していませんが、高徳愛香と会話はできるけれども接触しない、瞬間移動できるかのように動く、などいくつか人間っぽくない描かれ方をしています。

 

またエンディングでは、説明のところで「ファンタジー」と強調されています。

 

貴族が探偵している時点で浮世離れしていますので、そこに幽霊という要素が加わったとしてもおかしくはないでしょう。

 

ドラマオリジナル展開のキーパーソンになりそうですから、今後も注目度が高いですね!

貴族探偵で仲間由紀恵の謎の役、正体はギリ?太ったから?【画像】

貴族探偵の岡山天音がかわいい!よみは?中村倫也と似てる?【画像】

貴族探偵の井川遥の髪型が人気!

スポンサーリンク

美しい井川遥さんは、ビジュアルでもドラマを盛り立ててくれていますね~^^

 

今回喜多見切子で披露しているのは、「セミロング」かつ「ワンレン(ワンレングス)」の髪型です。

 

ちょっと重めの印象があり、大人の女性らしい落ち着きと麗しさを体現しています。

 

アレンジしやすく、ファッションとも合わせやすいことから、女性の間で人気も高いです。

 

この髪型を実現する上での一番のポイントは、かき上げたような色っぽい前髪でしょう。

 

以下の動画が作り方の参考になると思いますよ~。

 

今後も貴族探偵に注目ですね!(井川さんもっとでてほしいなぁ~)

スポンサーリンク

 

 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。